Latest Posts

家庭でのアロマオイルケア

 こんにちは、みきです。

 先月からどっぷりヨモギと過ごしてます♡ 
ヨモギを干してぐつぐつ煮てると部屋中、香りが広がり、幸せで、
またぐつぐつとした茶色の液体をみるとワクワクする魔女ぶりです。
一歩自分が始めると、どんどん与えられるギフトがあるんですね。
感じたら感じるほど与えられる仕組みになっているようで、
母の実家のほうで、なんとスターアニスが育ってるという朗報!
高いだけに、わお!です。
うれしいです~~。

 家庭でのケアにアメオオイルだけでなくヨモギオイルも使っています。
ヨモギの波動、ほんっとすごいですから!

 面白いのは、主人は、ラベンダー、カモミールなど、
神経をリラックスするほうにより反応します。
私や、子供はヨモギ。シソ科のオイル。
子供はペパーミントも大好きですね。
テンションが落ち着くのでしょうね。
ペパーミント、ラベンダーは使いやすいオイルですね。

 最近、気づいたのですが。
クライアントさんの男性性・女性性のバランスを、
私、手のひらで体感してるんです。
バランスがくずれてるとどちらか一方の手が冷やかになるんです。
また、転換を迎える方で、これから女性性の開花!ていう方は、
私の左手になにか高次の存在が入ってきていました。

 これがあるからやめられないんですよね~。

 多くを語らなくても苦労されてるクライアントさんの場合、
レインドロップ始めるとき、高次の存在が来ます。
そうすると、ほんと、こちらも涙がでそうになります。
これまたたまらない時間ですね。

 ご自分の状態、一緒にみてみませんか~。
ご自分で体感して、お子さんにしてあげてもいいですよね。

 ヨモギオイルを作ったがために私の夜の仕事(家族のケア)が
増えてる状態です。(笑)
とはいえ、いろいろ実験して遊んでるのは私のほうかもしれませんね。
子供のケアはほんとにいい時間ですよ~。
子供さんも結構、疲れてます。
日本の教育つまんないですもんね。参観日がほんと嫌です。

 今度の満月にまたヨモギ狩りする予定です。
ヨモギは月と深い関係だとか。
荒れた土地でもごっそり栄養たずさえて現れてくれるヨモギは、
宝です。
私にはほんと女神にみえます~。

話がそれましたが、読んで下さる方にも植物の独特の優しい波動が
届きますように!

幸運体質になる

sunrise butterfly

 こんにちは、みきです。

 朝一番で、この写真の光景って幸運ですよね。
わたしにはないものをもつ生き物が大胆に存在しています。
ネイティブアメリカンは、どんな動物・虫・生き物にでくわすか、で
そのときに、必要な智慧を受け取っていました。
蝶・蛾は、変容です。

 こんな美しいものが、ドラマティックに登場してきて圧倒されました。
ここ連日、幸せすぎるんです。
長い長いトンネルを抜け、いよいよその時がきたのかもしれません。
昨日はイボガエルとの対話、ミントグリーンの蛾との出会いもありました。
かなへびの行動もよりわかってきましたし、
かなへびの卵ももらいました、フレッシュなタイム、フェンネル、ラベンダー
も、もらっちゃったんです。
ハーブの世界に詳しい友達にこの写真をみせると、
連日の私の状態を察知し、豊かさを手に入れてるんだねと言ってくれました。

 「全体をみれるという豊かさだね」と。

 これ、名言です!
豊かさ、なんて含みのある、母性を思わす言葉なんでしょうか。

 どうやら人間は本当に心を満たすものを勘違いしやすいという
視点トリックというかミステリーに挑戦します。
そこがミソなんでしょうね。

 ミステリーをとく鍵らしきものをあげてみます。
1.いろいろな思いを手放してみる、無理しない心を感じる
2.女性なら特に、女性性を受け入れてみる
3.本当に心を満たすものを決めつけない
4.五感をとおしておく、いい塩、しょうゆ、みそを使う

 特に、2ですね。
女性であることを選んだんですもの。
女性は笑顔で身ぎれいにしておくことは家庭にとって大事ですので、
そのための経費は必要だと思います。
知り合いでいたんです・・・・。
旦那が働いているのに自分らは美味しいランチを食べるのって気がねしちゃうって。
そう思う時期もありました。
自分のエネルギーをうまく出せてないとき、いろんな理由をつけて
発散できない心をそう片づけようとしてる気もします。
とはいえ、頑張りすぎて疲れてることに気づかないというのも、
体にとっては悲しい悲しいこと。
たまのランチで自分を見つめなおす時間必要だと思います。
そして、ゆったりとできたら、そのエネルギーを笑顔にしちゃえば
いいと思います。

 3.4は繋がってるかもしれませんね。
五感を使っていないと、新しいことに挑戦しにくく、
重力のまま思考まで固まってしまいますから。

 何が心を満たしてくれるか、ほんっと、これ、人間やるたびに
楽しんできたミステリーでしょうね。
私は本当にいま、幸せです。
どんどん、ここから幸運体質波動を発信しますね。

これを読んで下さる皆様にも素敵なメディスンが現れるかもしれません。
どうぞ、シンボル、ドキッとする出会いの生き物などに気をつけてみて
ください。

こんなメディスン(シンボル)どう解釈しますか?という質問も
お気軽にどうぞ。
miki@ellegreen.jp

物語のエンディングを先に知ってしまったような、そんな
はしゃぎたくなる気持ちです。
これからもいろんなワクワク発信していきます!

 

 

母の魔法

 こんにちは、みきです。

 女の子が生まれたら絶対、みき、にすると決めていたのは母で、
姑の意見を退け、主張どおり、みきと名付けてくれました。

 器用な母はなんでも私より上手です。
私はマヤ暦青い手ながら不器用です。(まめさ、はピカイチです)

 母の力ってすごいですよね。
久しぶりに母が焼いたパンを送ってくれて、かじりながら、
ふっと13年前、主人がケガをした日、不安と恐怖とで頭がいっぱいで
そんなとき、母が送ってくれたパンを、とりあえずかじりました。
エネルギーもらってたと思います。
ほっこりと体がしたのを覚えています。

 今日は思い立って、ハーブオイル作ると決めるやいなや、
私には材料も、遮光瓶さえすでに与えられていたことに気づいたのです!
ラベンダーはたくさん拾っていました。
カモミールはちょうど咲いてます。
写真を撮って、母に送り、これから作る意気込みを語りながら、
ふと思ったのです。

「植物って、使ってもらいたいんじゃないかな」

母は、「そうよ」と。
まるで精霊のように答えました。

やっぱり、母ってすごいんだと思いました。
すでに植物波動を取り入れていたのか、。
母はフラワーエッセンスは作っていたんですが。

 セッションではプロの方の作ったアメオオイルをメインに使いますが、
どうも、オイルを使うにあたり、私が植物と繋がってたがいいみたいなんです。
ヨモギ、ドクダミ、ハーブ。
儀式といえば、笑われると思いますが、儀式です。(笑)
まず、ヨモギの命を手につけ、自分のオーラを植物と繋げてから施術する、
これがいいなと実感しています。
もちろん人によっては、ヨモギオイルを使うこともあります。

 話が長くなりましたが、母ってすごいです。
私も、母なんですよね~。
アロマオイルのように、じわっと娘の疲れにしみこむ
母でありたいです。

201506100937

201506100937

 
 

見えない力を感じるとき

 こんにちは、みきです。

 いやぁ、カメムシの卵2種類ゲットして、孵化観察。
おもしろい!
のぞきこむと、そこには小さいのに緻密な世界が広がって、
孵化の瞬間には、引力といいますか、見えない大いなるものの力を
感じて、それがあるから虫の世界好きだなぁと思うのです。

 出産も、もちろんすごい神秘ですが、
虫眼鏡でのぞきこまないと見落としちゃうサイズでの大いなる力、
ミクロでありマクロを同時に感じれることが幸せです。
見落としてはいけないものを自然のリズムは教えてくれますね。

 ファーブルはカメムシの蓋つき卵に美を見出したそうですが、
私はイラガをお勧めしたいですね~。
カメムシの卵のほうが小さいので、そのぶん神秘的ではありますが。

 見えない力といいますと、わかりやすいものではエンジェルナンバー。
これも、ほんとおもしろいですよね。
私はほんとに地球に合わないなぁと感じるので、
見えない力、精霊、そういうものに触れていると嬉しくて
一気にテンションあがります。

 見えない大いなる力に触れると、
興奮する、ウキウキ、無邪気になる、集中力が高まる、
聴力が上がったようなクリア感が広がるなどを経て、
そのあと、無の境地といいますか、自分がただの棒になった気がしますね。
厳密には筒ですね。
大いなる力を頭上から大地へ降ろす筒。
そうなると、次はワンネスの感覚になります。
遠くにあるものも、気配や波動でわかってきます。

 日々、そんなことしながら生きてる私、
幸せものです。

 

ハイヤーセルフと再び繋がる

 こんにちは、みきです。

 友達でもあるクライアントさんのDNA活性のセッションで、彼女のハイヤーセルフと
会いました。
あまりに深く大きなエネルギーだったので、軽々しく書かないよう、
心して書きます。

 大手術や、女としての悲しみ、痛みを経験されたこの方。
それを乗り越えて、時を越えてハイヤーセルフとまた繋がった、その
エネルギーが誰かのための光になれば、という思いで、
了承を得て書いています。

 ハイヤーセルフは、生成りの生地に刺繍の入ったきれいな
服を着て、舞うような動きをしていました。
そしてこう言いました。

「すべて分かってるのよ。すべて。
だって、私の愛の力ですべてが万事うまくいって、そして
これからの計画がまた始まるのよ。」

 過去世ではわりと権力といいますか、力に従うことが多かったようです。
それも、計画のうち。
カルマのために身をていした愛犬のことも含め、ほんとに
大きな大きな愛を感じました。

大きな愛なんて当然でしょう、そう言わんばかりに舞う姿。

 高次と繋がる空気が怖かったと、クライアントさんはおっしゃっていました。
私も、久々に、なんて近い!と思ったほどです。
最後のエレメント調整は、ハイヤーセルフさん、私がやるからと、もはや、私と重なっていたのです。

 時が来たんだね~と喜びました。

 高次の光がすごい量で入っていくと、封印していたピンのような、
式神のようなものが出ていきましたので、思わず、よけました。(笑)

 こんな経験させてもらえて、私は、幸せものですね。

 なるほど、私は高次のエネルギーを怖くないから、こういう
お手伝いしてるんだなぁとこちらもいろんな気づきがありました。

 クライアントさん、DNA活性が始まると同時に、光が広がって、
白い世界に行ってたそうです。
どうりで、こんなに大きなエネルギー降りてたのに、身動きしなかったのかと
納得しました。

 最高に、好きな空間です。

 意識や思考は、癖がありますから、新しい感覚や、思考になることも
可能なんですもの。
これからの彼女から目が離せません。

 これを読んで下さる皆々様に、光が伝わるよう、
祈りをこめます。
ありがとうございました。

 

いろんなお陰 &♡おまたぢからと出会って♡

こんにちはfusacoです。

久しぶりのブログです。

最近私の周りの人たちがより一層キラキラし出し✨ もともと強い何かを持ち合わせてる方々なので、煌めくとより一層その人らしさや良さが表に強く出るような気がします。

そんなキラキラなメンバーと触れ合っていて私もそのキラキラを一緒にシェアさせてもらっています😊

自分の中の素敵な変化は、やはり周りの友人達のお陰としか言いようがなく、人って一人で生きてるんじゃないことがよく分かります。

 

話は変わりますが、先日《おまたぢから》という講座を受講して来ました。

ネーミングが凄いよね 笑

経血コントロールのセミナーなのですが、本来の生理とは?とか、子宮の仕組み、経血のコントロール法を学んでまいりました。

もともと経血コントロールについては知っていたのですが、講師資格の受講までには至っておらず、今回は身体の事やボディワークもじっくり学んできましたよ。

 

女性の皆さんはそれぞれの形で、ご自分の身体とお付き合いしていることと思いますが、

私にとっても《子宮》 とは、とても、深いテーマがあり、女性性だったり、母性だったり、子宮は色んなメッセージを私に伝えてくれ深い学びをくれる場所でした。

そして結婚後は、新たな抵抗が芽生え、次は妊娠出産への抵抗です。正確には恐怖かな。

今までも沢山の女性ならではの悩みを持ち、散々女性である事や女性の面倒な周期が嫌でたまらなかったりしたのですが。。。

最後は妊娠出産への抵抗って、どんだけ?とツッコミ入れたくなります 笑

そんな私が、経血コントロールを伝える、おまたぢからの講師に。

不思議ですよね。講師資格の情報を知って気づいたら、申し込みをしていました。

『これは女性たちに伝えなければ』そんな意気込みでした😊

 

そして、講座の受講を終え、子宮や女性ホルモンの事を知れば知るほど、自分の身体を大事に思え、子宮が温かく、そしてありがたい気持ちになって行くのです。

一番の驚きは妊娠出産への抵抗がなくなった事。

あんなに怖がっていたのに、その気持ちがいつの間にか和らいでいましたね。

そんな子宮を大事にありがたく思えた事を感謝しながら、そして子宮にトラブルや不妊で悩んでる人にそっと寄り添えるワークを伝授していけたら嬉しいな。

今はそんな気持ちでいます。

女性達が、温かな子宮を持ち、もっともっと笑顔が増える事を願って🌺

 

 

 

スピリチュアル的にみる出産

こんにちは、みきです。

 また、意味ありげなタイトルをつけてしまいました。
今朝はエネルギーがちょうどいい具合に高く、そのエネルギーに
おされるまま、書こうと思ったのです。

 人それぞれに、妊娠・出産はスピリチュアル体験ですよね。
背骨・腰がトランスフォーマーみたいにすごいことになって、
命を送り出すわけです。
うちの主人は、私の腰の骨がゴボゴボ音を立てて動く様子に、
ちょっと引いたそうです。(笑)

 私は縁あって、四つん這い(よつんば)になって出産しました。
病院という雰囲気が嫌いなんで、できれば自宅出産したかったほどですが。
やっぱり、変化球だったらしく、助産師さんたちはちょっと段取りに困っていました。
(以前より、フリースタイル・畳の部屋出産希望だと提出してたんですが)
ほんとは、立っていきむというスタイルも試すつもりが、余裕なく断念。

 そう、初産ってやっぱり余裕ないっすよ。
でも、だからこそ、落ち着いたがいいんだよなと後から思いました。

 ただ、よつんばいだったから、どこに力をいれればいいか、
わかりやすく、背骨から腰、とエネルギーが走るような感覚は
おもしろかったです。
スーパーヨガって感じでしょうか。
(これがあるから女性って、産後、赤ちゃんのサインを察知できる能力が
活性するそうです)

 私のお世話になった院は、いろいろポリシーのあるところで、
基本は分娩台で横向きだそうです。
生まれる前のところで赤ちゃんに負担がくるのを避けるためだそうです。

 生まれてしばらく抱っこしていましたが、
その後、4時間ほど赤ちゃんは検査とか、いろんな配慮でもって、
助産師さんたちが見ていてくれたのですが・・・・・・。
私はここは大きな声でいいたいです。
あんな壮絶な思いで生んだのだから、赤ちゃんはそばにいないといけないって。
体を休めるもなにも、興奮してしまって、落ち着かなかったです。
そこで赤ちゃんが隣にいてくれれば、お産の痛みとか衝撃が、
ああ、この子のためなんだと母性パワーに変換がスムーズにできたわけです。

 これは個人差あるので、なんともいえませんが。
ちょっと後悔ですね。言えばよかった・・。

 お世話になってる鍼の先生はお産後、すぐに下腹部に鍼すると、
気が整い、回復もいいとおっしゃってます。
長い間おなかで温めた命、その名のとおり、陽のエネルギーが、
ダイナミックにでていくわけですから、
そりゃ、そこへんはケアすべき時間だと思います。

 どんな経験でも、お産は人生のうち、1~2,3回ほどですので、
めいいっぱい経験しないと損ですよね!

 ちなみに、そこの院ではミルクをださない方針だったので、
代わりに糖水でしたが。。。
私の子、生後1日にして、その糖水を嫌がって、手で振り払うという
行動にでました。

 最近の赤ちゃんをみてもそうですが、すでに、自我の目覚めのもと、
生まれてる顔の子が多いです。
やっぱりちがいますね。

 話は戻りますが、
決めてあるから従うのではなく、自分がどうしたいか、
それが可能か聞いてみたり動いてみるほうがいいと思います。
書いてたら楽しくなりました。
また書くかもしれません!

 

性と子宮、おまたの快感

 こんにちは、みきです。

 現代の暮らしは冷えやすく、自然な生き方からは遠ざかりがちですよね。
緊張、ストレスでさえ冷えてしまう私たちの体。
特に女性は、生理、妊娠、出産と、自然のリズムとは切り離せません。

 抑えてしまった感情は体に残ってしまい、それで冷えるケースもあるようです。

 私はチャネリング体質もあり、疲れてしまうことはよくありますが、
だからこそ、下半身、そう、おまたの冷え対策はバッチリです。

 ・コアマッスルを意識するヨガ
 ・おまたをあぶるお灸(テルミー)

 この二つは長年、やってきました。
私の場合ですが、蓄膿が起きたときはひたすら、下を温めます。
温めることで、口内の唾液率がぐんとあがったこともありますし、
なんとていっても羊水がきれいだと助産師さんに褒められたことは
いまでも嬉しく思っています。
羊水が汚れてしまうと、どうしても早く生まれることがあるそうです。

 そんな私がいま、ハマってるのが、ヨモギ湯!
ヨモギをとってきて、干して、煮出して、エキスをお湯にいれます。
お湯がまろやかになり、疲労回復も感じられて、幸せです。
もう、始めて一か月でしょうか、何が快感かというと、お・ま・た!
おまたって、お風呂のとき、結構、お水の出入りしてるんですよね。
それがヨモギ成分ですので、もう、なんか軽くなる感じ?
こんな感じってあるの?と驚くほどです。
すっきり感が深くて、寝る前にリラックスしながら、恋気分?
なんかいいことありそう~て。
この、感覚って、いい引き寄せを呼びそうでしょう?
女子である喜びに繋がるんだと思います。

 過去や、セックスのトラウマも、おまた浄化で、流せる気がするほどです。
女子である喜びがあるなら、妊娠、出産ももっと楽しめるかもしれません。
思い返せば、女子であることにナーバスだったこと、あります。
やっぱり、胸がでてきたりして、見られることが不快になりますよね。
さらされてるような、そんな女の存在て悲しいです。
ゆくゆくは、性の在り方も変わるでしょう。
 
 内面からの女子力アップ、それは、おまたですね。

 私はオシャレセンスがないので、このへんで、勝負したい。(笑)

 なんだか、これを書いてるだけでも、ヨモギのアロマパワーで、
ほっこりしてきますよ~。
ヨモギは、四つの方向に根がのびてる、四方(よも)。
抜いても、またたくさんの恵みと共に姿を現す、生と死の魔法のようです。
それだけパワフルなアロマ、おすすめです。

 仏教では真言を唱えますが、私はヨモギの波動を感じることで、
すごくほっとしてゆるみます。
女神のような深さを感じます。

 体が教えてくれること、デトックスの快感、新しい感覚。

 

 

子供に教えられること

こんにちは、みきです。

過去世でも濃かっただろうメンバーと聖地にいくことができました。
そこは、雄々しい聖地の多い中、プリンセスのような柔らかい聖地。
ドルメンのような古墳のなかに立ち、過去と現在がぐるんと廻ったような
そんな心地よさを体験しました。
娘も、一人前に「あ~男の人が祈ってたんだ」と霊視。

これからまだまだ私の後半戦波乗りもやっていくわけですが、
子供が10歳に近づくにつれ、節目だと思います。
私が受け継いだものが伝わっているかどうか、
子供が教えてくれるわけです。
味覚、感覚、感性、きちんと育ってくれています。
これは本当に親のおかげだと思うのです。
私の両親がくれたものが、子供を通してみえてくるのですね。

私や仲間たちはまだまだこれからの変動していく時代を
切り開いて光を流していくのですが、ふと、30年後、あとを継ぐ世代が、
こんな風に聖地で無になる時間をもつだろうと
思いをはせるのです。
ちなみに、娘はマヤ紋章青い嵐、いとこが、白い風、青い夜と
良い感じでそろっていますので、きっと彼らたちの精神性が
今の私たちとは一味ちがう光を放つのだろうと思います。
そこに繋ぐことも大きな役目だと、思い、胸が熱くなるのです。

二極化が進むなか、「わかる」感覚をもつ子供たちは、
どんな冒険を繰り広げるのでしょうね。
知り合いの息子さんのマヤ暦をみても、ほんとに未来を背負ってる、
そんなご先祖様の思い、そして彼のスピリットの放つ光が
見えました。
そんな子供たちと触れ合えて、
「なんだおかしな大人もいるもんだな」と思われたら、
私は最高に幸せなのです。

日々できる小さなことが、いつか子孫の大きな光となる喜びは、
年を重ねたからこそ分かるもので、
いい年齢になってきたな!と思います。
ネイティブアメリカンは7代先の子孫のことを考えて、生きたそうです。

ご先祖様の縦の糸、自分の魂の横の糸。
喜びは深めるほどに、いろんな模様を織りなして、
私たちが思い出したかったことを思い出すのでしょうね。

木

 

 

 

マヤ暦&メディスンでみる人生

 こんにちは、みきです。

 いやぁ。人生って、やっぱり時間経ってからわかることありますね。
今回は、クライアントさんではなく、友達のことを書かせてもらいます。

 彼女とは、過去世、共に戦火のなか死んでいった姉妹で、
今世でも姉妹のようです。
最初に会ったのは12歳のとき、彼女は運動神経もよく、
頭の回転もはやく、周りの大人をよく笑わせていました。

 それが少しづつ、自信のもてない大人しい子になっていったんです。

 彼女のキーワードとして、白い世界の橋渡し。蛙メディスン。川。

 何年も、見守ってきて、最近、彼女についていろいろ気づきがあって、
分析好きの私をうならせてくれました。

 白い世界の橋渡しは大器晩成型といいますか、下積み期間のある紋章。
陥りがちなのが、コントロールしたくなるという点。
実際、知ってる人のなかで、完全にこれがでてる白い世界の橋渡しの方もいます。
私の友達が自信がもてないというロックによって、
ここに陥らずに済んだわけです!

 また、彼女は蛙大好き、川大好き。
蛙メディスンは浄化。
ところが、このメディスン、上級者でして、過去世でシャーマンであったので、
すべてを受け入れようとするんです。
意識してどんどん浄化すればいいのですが、それに
気づけなかった場合、自分を責めたり、なにかしら重圧を感じる
ということが起きやすいです。

 二人で川へ行って流れるのを見ながらいろんなこと話したことを
よく覚えています。
川は流すシンボルですよね。

 長い間、ハラハラしたり心配しながら彼女の生き方を見てきて、
ここにきて、ほんとあっぱれだと思います。
そして、長かったけれど、自信がもてず元気のない時期のことも
今は良かったねと言えます。
彼女が変わらず、私と一緒に童子でいてくれることは
地球嫌いの私には本当にありがたいことなんです。
そのピュアさは、ずっと私をブレないようにサポートしてくれたんじゃ
ないかと思います。

 自分の何が、いつ、だれのために役立つか、それって、
時が経たないとわからなかったりしますよね。
地球って、ほんとミステリーパラダイスですね。

 私の友達、おまけにコヨーテメディスンももってるので、
おどけながら、泣いたり、笑ったりしながら、ピュアに
輝き続けるでしょう。
私は転勤族だったので、故郷がありませんが、彼女が私の
故郷みたいなもんです。

 彼女と笑い転げた十代も、
社会とのズレに戸惑ってた二十代も、
落ち着かなかった三十代も、
どれも、彼女とともに、ほんとに楽しかった!
これからは輝きを増すお互いを褒め合いたいです。

 マヤ暦も、メディスンも素敵ですよね。
表にみえない人生をすかしてみるようです。
何がよくって、何が不幸だなんてわかりません!
ご縁のある方、一緒に人生を紐解いてみませんか。

 今日も、ありがとうございます。